• お問い合わせ先
  • TEL
  • TEL:0153-75-2148
  • 文字サイズ
  • 標準

「支える。助ける。そして見守る。」

お互いに共存する、あたたかな未来のまちづくりを。
お互いにほほえみ合う、笑顔の毎日を。

資金貸付事業

緊急小口資金、総合支援資金(初回貸付)の特例貸付の受付期限が延長になりました

新型コロナウィルス感染症の影響による収入減少でお困りの方へ

申請期限が令和4年8月末まで延長されました。
なお、この延長に伴い、令和4年4月以降における緊急小口資金、総合支援資金(初回貸付)の特例貸付の申請分については、償還免除の判定を令和5年度の住民税非課税によるものとし、据置期間は令和5年12月末までとします。

受付期間の延長

・緊急小口資金、及び総合支援資金(初回):令和4年8月23日まで(町社協の締切)

申請受付方法

電話でご相談いただいた後、希望者に必要書類を送付し、申請書は郵送で受け付けます。
窓口での相談を希望される場合は、事前に電話で相談ねがいます
早めに申請してください(書類の不備により期日を過ぎた場合、受付できません)

緊急小口資金 総合支援資金(初回)
対象者 影響を受け、休業等による収入減少で一時的に生計維持の貸付が必要な世帯 影響を受け、収入減少や失業等により困窮し、日常生活の維持が困難な世帯
※小口資金貸付申込を優先する
貸付上限額 原則1回、一世帯 10 万円以内
※特例で 20 万円以内
(2人以上)月 20 万円以内
(単身)月 15 万円以内
※原則3月以内
据置期間 貸付日から1年以内 貸付日から2年以内
償還(返済)期間 据置期間終了後2年以内 据置期間終了後10年以内
貸付利子・保証人 無利子、保証人不要 無利子、保証人不要
申込に必要なもの、要件など □身分証明(住民票、健康保険証、運転免許証等)
□預金通帳
□減収したことが確認できる書類(通帳、給与明細等)
同左
注)自立相談支援事業等による支援を受け付け、継続的な支援を受けることが要件となります。
生活保護を受けている世帯は、原則対象としない。

※償還時において、なお所得の減少が続く住民税非課税世帯には、償還免除制度があり、資金の種類ごとに課税要件を判定します)
 本資金は借金の返済目的には利用できません 。

相談・受付・問合せ

別海町社会福祉協議会 貸付担当 TEL:0153-75-2148